事例3

ケーススタディ:リノベーション向け既存建物調査

プロジェクト名:プレミアムリノベーションマンション「レグナス市ヶ谷払方町」

一建設株式会社 様

高品質と検討しやすい価格を両立した住まいを提供してきた経験を活かし、リノベーション事業をスタート

「初めてのリノベーションプロジェクトでも、我々の求める高い品質水準の調査ができました」

case_study3_company.png

社名: 一建設株式会社
事業内容: 住宅用地の仕入れ・企画・設計・施工・販売・アフターサービス
本社: 東京都練馬区石神井町二丁目26番11号
URL: http://www.hajime-kensetsu.co.jp/
case_study3_image1.png

「リノベーション向け既存建物調査」ご利用までのストーリー

「私たち一建設は、「用地の仕入れ・企画・設計・施工・販売・アフターサービス」」までを一貫してご提供できることを強みとして、分譲住宅供給棟数14年連続全国No.1(※)に輝きました。
※ 全国ホームビルダーランキング 2000年~2013年 株式会社住宅産業研究所調べによる。
昨今のリノベーション住宅に対するお客様のご要望の高まりにお応えすべく、既存マンションでのリノベーション販売の取り組みを始めております。現状では既存建物調査に関する経験、知見が少ないため、信頼できるパートナーを探していました。特に重視していたのは、実績と技術力でした」(一建設株式会社様)

case_study3_image2.png

課題

  • 中古マンションをリノベーションし分譲販売することが初の試みだったため、調査内容についての知見が無かった
  • 初めてのリノベーションプロジェクトに取り組むにあたって、信頼ある評価機関の調査で商品の品質を確認したかった
  • 限られた予算のなかでも、我々の求める高い品質水準の調査レポートが求められていた

利用の決め手

  • 既存建物調査業務において十分な実績があった
  • 構造躯体調査、破壊&非破壊検査、設備調査など、総合的な調査を依頼できた
  • 当該物件に適したコストパフォーマンスの高い調査内容の提案があった

利用のメリット

  • 的確かつ丁寧な業務対応により、初めての調査依頼でも安心してプロジェクトを遂行できた
  • 信頼ある評価機関の調査によって、物件の信頼性を訴求でき、エンドユーザーへ安心感を提供することができた
  • 提出されたレポートを分譲販売時の参考資料(営業ツール)として活用でき、お客様からも好評だった

*掲載日 2016年4月1日
*記載のご担当部署名は、取材時のものです

各申請書の送付は下記メールアドレス宛にお願いします。

Mail ctcpcam.kam@jp.bureauveritas.com



技術監査サービスの申請書式&料金表に関するお問い合わせは下記からお願いします。

TEL 03-5573-8686
(平日9:00~17:30)