コラム - 遵法性調査(3)-現地調査で確認された法不適合の事例について1-

 前回は、既存建物に対する用途変更・増改築を行う際の注意点についてご説明しました。今回は、既存建物の遵法性調査で現地調査を行なった際に確認された「法適合していない事例」について紹介します。

現地調査で確認された2種類の違法状態

 現地調査で確認された法適合していない事例は、大きく2つのケースに分けられます。(1)管理上違法状態になっているケースと、(2)改修により違法状態になっているケースです。

(1)管理上違法状態になっているケース

 建物利用上の理由から違法状態が発生しているケースです。

 例1:階段や廊下に物が置かれ、避難上の支障になっている
 例2:常時閉鎖式防火戸にストッパーが設置され、常時開放状態になっている

 管理上の問題で違法状態になっているケースでは、避難上支障となっている障害物を撤去するなど、違法状態の是正は比較的容易です。

(2)改修により違法状態になっているケース

 検査済証取得後に行った改修で、違法状態が発生しているケースです。

 例:間仕切りの設置で、排煙が確保されなくなっている

 改修によって違法状態になっているときは、大がかりな是正工事が必要な場合があります。
 以下、事例によってご説明します。

改修による違法状態の事例

 間仕切り変更の改修工事により排煙区画が法適合しなくなった事例「天井チャンバー方式の排煙設備を設置していた事務所ビル」について紹介します。

1.改修前

 天井チャンバー方式は、天井内をチャンバー(箱型の空間)にして、天井にスリットなどの開口部を設置し、天井内の排煙口から排煙を行うシステムです。天井チャンバー方式は、居室の排煙区画と天井内の排煙区画が一致している必要があります。

20170508_pic4.png

図1 天井チャンバー方式

20170508_pic2.png

図2 改修前の排煙計画

・建築基準法施行令 第126条の3(排煙設備の構造)
 第1項 前条第1項の排煙設備は、次に定める構造としなければならない。
 第一号 建築物をその床面積500㎡以内ごとに、防煙壁で区画すること。

2.改修の実施

 新しく入ったテナントが間仕切りを変更し、防煙垂れ壁を撤去しました。

20170508_pic3.png
図3 改修で排煙区画面積が不適法に

3.違法状態の発生

 改修工事により、居室部分排煙区画と天井内排煙区画が一致しなくなり、排煙区画面積が不適法となりました。

4.適法化の条件

 この事例の場合、不適法部分を適法化するには、大掛かりな再改修が必要と考えられます。

5.不適法を防止する方法

 改修を行う際は、工事に着手する前に遵法性調査(事前に机上で法適合性を確認する)を行うことで、法律的な問題の発生を防ぐことができます。


 ビューローベリタスでは、上記で見てきたような問題を防ぐために、建築基準法・消防法を基準とし、改修計画内容を机上確認して問題点や改善すべき点についてご報告するサービス「遵法性調査」を提供しております。
 既存建物についてお悩みの点がございましたら、ぜひご相談ください。


【最新セミナー(無料)のお知らせ】

"これで活かせる既存建物"‐検査済証のない既存建築物 法適合状況調査の現状-解説セミナー

 企業のコンプライアンス遵守に向けてご相談の多い既存建物の遵法性調査について解説します。併せて、活用が広がっているガイドライン調査の進め方について、事例紹介を取り入れながら説明します。
  
  日時:2017年6月7日(水)14:00~16:20
  会場:東京国際フォーラム G502会議室
  詳細:セミナーの詳細および参加のお申し込みは、こちらをご覧ください。


 ビューローベリタスでは、上記「遵法性調査」以外にも、さまざまなサービスを提供しています。詳しい内容は、トップページからご覧ください。