建築基準法適合状況調査(ガイドライン調査)

こんな課題をお持ちの方へ

  • 増改築や用途変更をお考えの方
  • 検査済証が無い物件をお持ちの方

建築基準法適合状況調査とは...

既存建築ストックの活用が叫ばれる中、建築物の増改築や用途変更のニーズが高まっています。2014(平成26)年7月2日、国土交通省が「検査済証のない建築物に係る指定確認検査機関を活用した建築基準法適合状況調査のためのガイドライン」を公表し、検査済証のない建築物の法適合調査方法が明確化されました。ビューローベリタスは、国土交通省に届出を行った「調査者」として、本ガイドラインに従い、建築基準法適合状況調査に積極的に取り組んでいます。本ガイドラインに基づく調査は、検査済証の無い建築物に対する増築または用途変更の新たな確認行為等に先立ち、既存建物の適合性について建築当時の法適合性を調査し報告書を作成する業務となります。

サービス利用のメリット

  • 既存不適格調査作成にお役立てください。
  • 建築基準法適合調査から確認申請までワンストップでサービスを提供します。
  • 第三者の中立・公正な立場から的確な情報を得ることが可能となります。

サービス利用の流れ

bsacs_flow.png

必要資料

  1. 開示可能な確認申請書類(確認済証・確認申請図書等)
  2. 消防関係点検結果報告書(点検結果報告書等)
  3. 各種定期報告書類(建築基準法第12条第1項および第3項定期報告)
  4. 躯体調査報告書

関連コラム

「建築基準法適合状況調査(ガイドライン調査)」に関するお役立ちコンテンツです。ぜひ、ご覧ください。

各申請書の送付は下記メールアドレス宛にお願いします。

Mail ctcpcam.kam@jp.bureauveritas.com



技術監査サービスの申請書式&料金表に関するお問い合わせは下記からお願いします。

TEL 03-5573-8686
(平日9:00~17:30)