ニュースレター - 建築環境認証のデファクトスタンダードLEEDの普及の背景とLEED v4が目指すもの(Business Vision 11 December 2017)

国連によるSDGs推進、ESG投資普及といった世界情勢の中、これまで環境性能の向上に取り組み、低炭素・省エネを実現してきた建築業界においても、持続可能な利用や運用といった側面を配慮することが重要になっていきます。建築物における、建物運用、敷地利用、省エネ効果などに対する取り組みを評価する世界共通の第三者認証制度であるLEEDの現状と、現在運用されているLEED v4について紹介します。
この記事を読む