ニュース - その既存建物は法に適合している?-「日経アーキテクチュア」に連載記事を執筆

「日経アーキテクチュア」2021年10月28日号に弊社社員が記事を執筆しました。

【掲載記事】
SDGs時代の認証・調査活用ガイド 第4回 その既存建物は法に適合している?

持続可能な開発の視点からも既存建物の活用は欠かせない。重要なのが、現行の建築基準法に適合しているかどうかの判断だ。
遵法性調査と国土交通省が定めたガイドライン調査について2 回にわたり解説する。

  • ガイドライン調査が登場
  • 法適合性把握のニーズ
  • 調査は依頼者側が主体
  • 法不適合を生む4つの原因

【執筆者】
ビューローベリタスジャパン株式会社
技術監査部建築評価グループグループ長 鹿野 康晴

■ ビューローベリタスのサービス
「建築基準法適合状況調査(ガイドライン調査)」