LEED認証適合性検証

フライヤーダウンロード

こんな課題をお持ちの方へ

  • LEEDをご検討の方
  • サステナビリティに関する付加価値で保有物件を差別化したい
  • 国際的な環境性能表示をご検討の方

LEED(リード)とは

米国グリーンビルディング協会(USGBC:US Green Building Council)が開発した環境評価システムです。評価内容は建物運用、敷地利用、省エネ効果です。Leadership in Energy and Environmental Designから、LEEDという名称で親しまれています。
建築物に対するエネルギーの効率化は、企業の環境・社会的責任と同様に、今日の不動産市場を転換させる推進力となっています。不動産市場においては、グリーンビルディングとして認証された建築物には、建物価値や入居率の向上、賃料の増加といった点で一定のプレミアムを見込めるという認識が広がっており、環境配慮型不動産への投資は、企業戦略の重要な位置を占めつつあります。
新築プロジェクトを例にとると、次の9つの分野について評価を行います。

  1. 総合的なプロセス
  2. 立地と交通
  3. 持続可能な敷地
  4. 効率的な水利用
  5. エネルギーと待機
  6. 資源と材料
  7. 室内環境品質
  8. 設計における革新性
  9. 地域的な優先事項

LEEDとは

LEED認証適合性検証とは

LEED認証は複数の評価カテゴリーを設けています。認証取得のためには「必須項目」を必ず満たす必要があります。その上で、「加点項目(合計得点:110点)」を満たすことで、プラチナ、ゴールド、シルバー、サーティファイドの4つの認証レベルで評価されます。ビューローベリタスは「フィージビリティ調査」「設計/施工審査」「コミッショニング関連」「エネルギーシミュレーション」の業務スコープにおいて認証取得の適合性検証を実施いたします。

  • フィージビリティ調査(GAP分析)
    LEED基準とプロジェクトの計画内容をGAP分析することで、獲得ポイントの見込みや認証取得に際しての課題等を整理します。
  • 設計/施工審査
    認証手続きの代行を含め、LEED認証取得の観点から設計、施工チーム、プロジェクトマネジメントチーム等をサポートします。
  • コミッショニング関連
    LEEDの評価項目である第三者によるコミッショニング(性能検証)を実施します。
  • エネルギーシミュレーション
    設計条件に基づき、エネルギー性能の評価で必要となる米国ASHRAE基準に準拠したエネルギーシミュレーションを実施します。

注:ビューローベリタスジャパンは、適合性検証業務を提供いたしますが、日本においてLEED認証・現場検証サービスは行いません。

サービス利用のメリット

  • LEEDは、米国内はもちろん、米国以外の全世界で認証取得の普及が進んでいます。LEED基準に基づく評価により環境性能の国際的な認知が得られます。
  • CASBEEなど国内の評価手法で既に一定の評価を得ている計画についても、LEED基準に照らすことで国際的な基準との相対的な位置づけを確認し、さらなる環境性能向上への指標とすることができます。

ビューローベリタスが選ばれる理由

  • 世界各国での実績が多数あり、LEED AP(LEED評価に関する専門資格)を有する技術者が多く在籍しています(日本国内におけるLEED AP3名/2022年11月現在)。
  • LEED AP資格者がプロジェクトに参加することで認証取得の加点を得ることができます。
  • 国内の評価システムであるCASBEEにも対応できる技術を有しており、幅広い技術でお客様の環境性能評価をサポートします。

サービス利用の流れ

leed_flow.png
※1 フィージビリティスタディ︓目標ランク実現可能性の調査
※2 USGBC(U.S. Green Building Council 米国グリーンビルディング協議会)
※3 GBCI(Green Business Certification Inc., グリーン・ビジネス・サーティフィケーション社)︓USGBCが指定するLEED認証機関

FAQ(よくある質問)

Q1:LEED認証を取得するメリットは何ですか。
A1:さまざまなメリットがありますが、おもなものは以下のとおりです。

  • 環境負荷の削減
  • 建築性能の最適化と、運用コストの削減
  • 入居率向上とテナント満足度の向上
  • 資産価値の向上
  • 室内環境向上による生産性強化

Q2:ビューローベリタスはLEED認証を付与することができますか。
A2:いいえ。LEED認証はUSGBCのみが付与できるものです。ビューローベリタスは信頼できる第三者  機関として、設計および建設段階に技術的専門知識を提供します。

Q3:異なるタイプの建築物に対しても、同一のLEED評価システムが適用されるのでしょうか。
A3:いいえ。プロジェクトタイプに応じて、異なる評価システムが適用されます。

評価システム名称 対象建築物・プロジェクト
LEED NC(LEED for New Construction) 新築物件および大規模改修
LEED EB(LEED for Existing Buildings) 既存建築物
LEED CI(LEED for Commercial Interiors) テナントビルのテナント入居部分
LEED CS(LEED for Core and Shell) テナントビルのオーナー所掌部分
LEED H(LEED for Homes) 戸建住宅および低層集合住宅
LEED SHR(LEED for Schools, Healthcare and Retail) 学校、医療機関、小売店舗
LEED ND(LEED for Neighborhood Development) 近隣開発

LEED認証適合性検証 手数料等

お見積り依頼いただくか、お問い合わせください。

関連コンテンツ

→ コラム:LEED認証
→ コラム:環境認証

→ 事例紹介:ダイダン株式会社「エネフィス九州 LEED ver.4『既存建物の運用・保守』(EBOM)プラチナ認証取得」

お見積り依頼は下記からお願いします


技術監査サービスに関するお問い合わせは下記からお願いします。

TEL 03-6402-5977
(平日9:00~17:30)